中高年の再就職の実情

中高年の再就職は困難か?

中高年になって就職先を探すのには、若者とは違う厳しさがあります。
若者の場合は、仕事経験のないことがネックとなるでしょうが、中高年の場合、これまでの経験にこだわって就職が難しくなるケースが多いのです。

しかし、新しい分野に挑戦するというのも大変です。これまでの経験を発展させるかたちで、新しい分野も視野に入れて就活するのが良いでしょう。
就活をするためには、まず、どのような企業がどのような求人を出しているか知らなくてはなりません。

ハローワークの求人検索

最も一般的な方法は、ハローワークで探すことではないでしょうか。各地のハローワークには、求人を検索するモニターがたくさん置かれていて、無料で利用できます。

検索画面では自分が希望する条件を入力します。フルタイムかパートか、職種や賃金など、いくつも項目がありますから、目的を絞って検索すると良いでしょう。

ただ好条件の求人には応募者が殺到します。そうすると、条件欄では年齢不問となっていても、高齢になるほど書類選考で落とされる可能性が高くなります。

ハローワーク求人の応募方法

応募したいところがあったら、ハローワークの相談窓口で紹介状を出してもらいますが、その時点での応募者数も知らせてくれますから、それに基づいて再考することも必要です。

ハローワーク以外の方法で代表的なものは、WEB上の職業紹介サイトで探す方法です。
フル勤務でなくパート、アルバイトで働きたいという年金受給者も多いでしょうが、ハローワークではなかなか仕事が見つかりません。

シニア・エルダー歓迎求人

そんな人にはWEBの検索サイトが重宝します。自宅にいながら「シニアやエルダー歓迎のアルバイト・パート」に絞って仕事を探すことができます。
仕事内容、時給、勤務地などが載っていますから、介護関連など未経験の分野でも働ける仕事が見つかるかも知れません。

中高年の再就職は冒険でもありますが、やがてくる老後生活のベースづくりでもあります。収入だけでなく、人脈やフィールドを広げるチャンスにすることも出来るのです。

中高年の仕事探しなら

再就職をお考えの中高年専門のお仕事情報サイトです。残された時間を有効に使うために再就職ノウハウを身に付けましょう。